いつか帰るところ

今度こそまじめに更新しようと決意した、 ネカマネットゲーマーの日記的チラシ裏。 誰かの暇を紛らわせたり少しでも何かの役に立てば僥倖。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

往来、All Right!

♪さん、さん、さん太陽の~ひかり~。
三回目ですね~さわやか三組、私は歌(しかも上のフレーズのみ)しか知りません。(というか覚えてないだけか?)

とりあえず、さわやか三組は置いときまして、皆様は「俺の屍を越えてゆけ」という作品はご存知でしょうか?個人的にはプレイステーションの三大名作を上げろといわれれば迷わず一番に上げるくらい好きなゲームなのですが、簡単に説明すると「人間ダビスタ」ですw(おい)

真面目に説明しますと、
1999年にプレイステーションのソフトとして発売、2007年にゲームアーカイブ、2011年にPSPにてリメイク版も発売されたRPGで、舞台は平安時代、鬼に父親を殺され、母親を攫われ、おまけに急激に成長するかわりに寿命が二年程(ほぼ2年を切ります)しか生きられず、おまけに人間との間に子供を作ることのできない呪いを掛けられた子供が主人公で、ゲームの目的は呪いを掛けた鬼に復讐することです。
上記の通り主人公は二年しか生きられませんし人間との間に子供が作れません。おまけに両親はかなり強かったですが、主人公はそこまで強くない。そこで協力を申出てきた神々との間に子供を作り世代を交代しながら鬼を討伐をする。

とこのようなゲームですが、なんとこの「俺の屍を越えてゆけ」なんと続編の製作が決定したそうですひゃっほーい!


システム、ストーリー共に独創的なゲームだと思いますので興味を持たれた方は是非調べてみてください。
ちなみに私はいままでに、

PS版購入(ディスク破損)→PS版再購入(借パクされる)→PSPアーカイブ購入→リメイク版(UMD)購入→VITA購入したがUMDパスポートに俺屍が未対応のためダウンロード版も購入

と実に5回も購入しておりますw



で、長い前置きでしたがそろそろ本題に入ります。
京都にいってきました。
以下、写真多数の為折込。
スポンサーサイト
プロフィール

kyunkyubi

Author:kyunkyubi
Image:Katze Balger
(新生FF14/Durandal)
「オカマじゃないよ?ネカマだよ?」ゲームするなら可愛い女の子を使いたい残念系ネカマ。

そんな悪趣味な人もいないでしょうが当サイトはリンクフリーです!相互リンクとか連絡頂けると鼻血だして喜びます。

XI-Prof
Profile
FF14ミラプリまとめ
和風ミラプリまとめ 詩人向ミラプリまとめ
最新トラックバック
ブログ検索サイト様
FF14ブログ巡回屋 ファイナルファンタジーXIV検索エンジン FF14さーち
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。